前へ
次へ

インターナショナルスクールと義務教育の関係

インターナショナルスクールでは出願日をしっかり設けているところもありますが、常に生徒を受け入れているところが比較的多いです。
またインターナショナルスクールの多くは、子どもだけでなく親の英語力も入学基準にしています。
したがって親も子どもと同様に英語での面接を受けるケースが多いです。
インターナショナルスクールの初等部や中等部を卒業しても、日本の小学校や中学校の卒業資格を得られることができないということを知っていますか。
なぜなら日本ではインターナショナルスクールを義務教育を受ける場所として認めていないからです。
したがってインターで学んだとしても、必要な義務教育を受けていないとみなされ、卒業資格を得ることができます。
小学校の卒業資格をもらえないとどうなるかというと、公立の中学校へ入学できなくなってしまいます。
私立であれば帰国子女枠で入学できる可能性もあります。
中学校の卒業資格がない場合は、公立の高校を受験できません。
私立の場合は学校の判断によって受験できるところもあります。

Page Top