前へ
次へ

義務教育とインターナショナルスクールについて

日本にもグローバル化の流れが確実に押し寄せてきています。
その流れは教育の局面にもあらわれており、大学入試制度の英語部門の改革をはじめ、小学校への英語教育の強化などが推し進められています。
他方、子女に対してもっと専門的に英語教育を行ってくれる教育施設もあります。
インターナショナルスクールです。
インターナショナルスクールは元来、外国籍の子供や外国に長く暮らしてきた子供向けにつくられた学校ですが、現在では、国内の日本人の子どもが増えています。
語学を学ばせるには最適な場所で、グローバル化の流れにはもっとも沿った語学教育が実践されています。
ただし、小中学校の義務教育に含まれない「その他学校」のために、義務教育違反になる可能性をもっていることが、国内での増校を阻んでいます。
現在増加しているのは、インターナショナルスクールに入るための準備施設であるプリスクールという幼稚園で、こちらの方は、義務教育の範囲外なため、法的問題がありません。

Page Top